株式会社大川工務店


notype

2021年11月26日、「こども未来住宅支援事業」という制度が閣議決定されました。

子育て支援と2050年カーボンニュートラルの観点から、子育て世帯・若者夫婦世帯(子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯、若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯)の新築住宅が主な対象となります。

子育て世帯・若者夫婦世帯が新築住宅を取得する場合は、省エネ性能に応じて60万円~100万円が補助されます。

一定の省エネ性能を持つことが条件で、その条件によって3つの区分に分かれます。

大川工務店は標準仕様で断熱等級4、一次エネルギー消費量等級4、Ua値(※1)0.6以下(6地域)なので、① ② ③すべての基準を満たしています!

(①については太陽光発電パネルの設置が必要です。また、②については行政庁への申請が必要です。)

※1 Ua値とは、「外皮平均熱貫流率」のことで、住宅の内部から床、外壁、屋根や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことを指します。

このUa値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高い家であるといえます。

 

リフォームも一部対象となり、必須条件は住宅の省エネ改修であることです。

子育て世帯・若者夫婦世帯とその他の世帯では上限補助金額が異なりますので注意が必要です。

また、申請や着工時期、完成時期についての条件もあり、令和4年10月31日までの契約が条件なので、土地探しやプランの作成など早めに動きだした方が良さそうです。

(予算の状況によっては早めに申請が締め切られることもあります。

現に、グリーン住宅ポイントも予算額間近となっており、予定より早く締め切られる可能性があります。)

大川工務店では補助金額に合わせたプランもご提案できます。

新築・リフォームのご相談はぜひ大川工務店にお任せください!

詳しくはこちらから 国土交通省 こどもみらい支援事業

※2021年11月30日時点の情報です。