住宅において重要な構造・防水の不具合の責任保証は、法律で10年と定められており、10年保証が一般的です。家電製品のメーカー保証と同じように、保障期間の終了後は施工不良であっても、ご購入者の皆様に補修費用をご負担していただくこととなります。

弊社では、 お客様に末永く安心して暮らしていただけるよう、施工品質に対する自信を 最長60年の長期保証という形でご提供させていただいております。


よくあるご質問


■大手ハウスメーカーの長期保証と同じですか?

大手ハウスメーカーであっても廃業や倒産すれば保証は終了してしまいますが、弊社では、同時に第三者機関の保証を付けています。万が一の事があっても、構造・防水の保証は継続されますので、 お客様をしっかりお守りできる体制となっております。

※引渡日より10年間については、弊社に万が一廃業や倒産等が生じている場合、住宅瑕疵担保責任保険によりお客さまに補償費用が支払われます


■10年目にメンテナンスをしないと保証が終わってしまいますか?

最長○年保証といっても、10年目に決められたメンテナンスを実施しなければ終了する保証が多くあります。本来、周辺環境や自然災害の影響によってメンテナンスの時期はさまざまです。弊社では、住宅の状態に合わせて適切な 時期にメンテナンスをご提案しますので安心ください。

※経年劣化によるメンテナンスが急務と判断される箇所のメンテナンスを実施していただけない場合は、20年目以降の延長ができないことがございますのでご了承ください。


■他社にメンテナンス工事をお願いしても保証されますか?

誠に申し訳ございませんが、他の事業者さまが実施した工事の責任について、弊社が保証あるいはその責任を負うことはできません。

※弊社が防水・構造に関わるメンテナンスを実施した場合は、その箇所も保証対象となります。